インターネットの使い方、コントロールできていますか?
ネットに振り回されず、自分らしくネットを利用するための情報提供などをメインにしたエンジェルズアイズのブログです。
http://angels-eyes.com
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 同調圧力に悩まされる中学生 | main | 新しいターゲット層は? >>
SNS依存
 今日22日のクローズアップ現代はSNS依存が取り上げられます。

若い女性に多くみられるSNS依存。
スマートフォンを買ったら、家にいるときはずーっとスマホを手にしているという人も多いのでは?
またわが子がずーっとスマホでなにかしているのに、気になりつつも、そんなものかしら?と思っている親も多いのではないでしょうか?
少し、子どもたちの変化に疑問をもってみた方がいいかもしれません。

以前女子大学生、女子高生に取材をしたときに、ソーシャルメディアに依存するというより、
『人依存かな』と彼女たちは言っていました。
先日オンラインゲームのヘビーユーザーの男子大学生に取材をしたときにも、
『オンラインゲームを止めると人とのつながりがなくなるから、ゲームというより人との関係を維持したい気持ちが大きくて重要なんだ』
と言っていました。
オンラインゲームにはまって数年間過ごした人はゲーム3割、人との会話が7割だったとも言っていました。

魅力的で、依存しがちなソーシャルメディア。
どうして人ははまるのでしょう?

人と関係を作る(さらに築く)ためには
*タイミング・機会
*コミュニケーション力
*出会いの場などが必要です。
*時間
が必要です。

現実では全ての要素をそろえるのは難しいです。

それが簡単にできるようになったのはインターネットのソーシャルメディアサービスです。
出会いの場
リアルほど気を遣わなくていい自分主導の人間関係ができること
遠方でも、繋がることができ、いつでも繋がることができる。
これは魅力のツールです。

フェイスブック、mixi、ツイッターなどそのツールはいろいろありますが
ここにきて爆発的なHITとなったのがLINEです。
人との距離がぐっと縮まりました。
メールすらしなくなる女子高生も増えるという社会現象になっています。

ただそこには気付かぬ泥沼も潜んでいます。
人に良く思われたい、人の期待にこたえなければ・・・
アクセスや『いいね』が減ってしまったらどうしよう・・・
そのためにネットをし続ける、意識がネットに支配されてしまうこともあるのです。
また、真面目な人ほど、止めづらくなる傾向もあります。

リアルが充実してこそのネットのコミュニケーションです。
SNS依存のチェックも怠らないようにしましょう。

そして・・・・・
ソーシャルメディアの大きな問題点は
本来出会う必要のない人とも出会うリスクです。
犯罪に巻き込まれるほか、
多くの時間をそこで無駄に使ってしまうこともあることを知っていてほしいです。

COMMENT









Trackback URL
http://line.angels-eyes.com/trackback/78
TRACKBACK