インターネットの使い方、コントロールできていますか?
ネットに振り回されず、自分らしくネットを利用するための情報提供などをメインにしたエンジェルズアイズのブログです。
http://angels-eyes.com
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 学校現場の深刻な問題 | main | ネット依存のデータ >>
ネットとの距離は人それぞれです
ネット依存の話でよく話題になるのが時間の問題です。
「ネットを○○時間使ったから、依存?やりすぎ?」
という時間の判断基準を聞かれることもあります。

子供にとっては視力や健康の面で適度な利用時間を設定する必要はあるとおもいますが
依存に関しては時間で割り切って考えられるものではないのが曖昧で難しいのです。

インターネット利用者の多くは社会生活の中で、仕事や楽しみ、情報交換、趣味、検索、コミュニケーションなどでネットを利用しています。普段使いの中かから、生活の中での自分とネット利用時間との快適な距離を自然に身につけています。

ネット利用者が自分とネットとの距離をわかっていて、自分や周囲の人が不快な思いをしたり、困ったり、悲しい思いをすることがなければ問題になることはないのです。

問題になるのは、
子供であれば、遊ぶ時間、勉強する時間、家族と過ごす時間、考える時間など成長に必要なものを失ってまで過度に利用することであったり、大人であれば、遊び、恋愛、仕事や子育て、家事、という社会や家庭での立場や責任を無視するような過度の利用です。

また本人が止めたいのに止められないという苦しさを抱え助けが必要になる場合です。
(家族が本人の人格が変わったり、家庭内暴力などについて悩む場合も同じです)

ネットの利用時間についてだけ、一切合切ひっくるめて考えるとなかなか理解が進まず、解決につながらないと感じることが多くあります。

自分がネットを利用するとき、「ネットとの快適な距離ってどんな生活のことだろう」と、自分自身や家族にとってベストな生活スタイルか考えられるといいですね。





 
COMMENT









Trackback URL
http://line.angels-eyes.com/trackback/196
TRACKBACK