インターネットの使い方、コントロールできていますか?
ネットに振り回されず、自分らしくネットを利用するための情報提供などをメインにしたエンジェルズアイズのブログです。
http://angels-eyes.com
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 子供のネット依存の問題がクローズアップされるときに気をつけたいこと | main | いたずら?犯罪? >>
フィルタリング機能・LINE設定
「わが子がLINEを深夜までやっていて睡眠不足。」
「一日中LINEやTwitterをやっていて他のことをしない。」
というような保護者からの声はどこに言っても聞かれます。
特に中学生のお子さんをお持ちの保護者は相当に困っている様子が伺えます。

先日ある小学校でネット依存の講座の際に、子どもたちに
ネットでの会話をやめられない場合、どうしたらいいか考えてもらいました。

「友達にリアルで会って話すほうが楽しいって相手に伝える。」
「用件を決めておき、その会話が終わったら、「やめよう」と相手に伝える」
などなどたくさんの考えを自ら、もしくは友達と相談して発表してくれました。
同じ事象をクラスの友達と一緒に考えるということは大事です。

そんな中で
「親にやめるようにいってもらう」
「タイマーなどで、時間制限をつける」
など子ども自身では、解決できないので、親やツールを使うという
意見も多く聞かれました。
自分の力ではどうにもならないことを感じている子どもも多いのです。

その中でフィルターについて少し考えてみたいと思います。

私は、子どもにとっては親が、一番有効なフィルターだと思っています。
子どもに関心を持ち、一緒に使い、ネットを勉強しながら子どもを有害情報や不適切な書き込みをしないよに見守る・・。
ネット上ではフィルタリングでは防げないトラブルもあります。
トラブルに遭遇したときの対処法や安全に使うにはどうしたらいいか、子どもと一緒に考えながら
少しずつ利用していくのが「親がフィルターになる」ことのいいところでもあります。

フィルタリングをかけたからと安心してしまうことも心配です。
ネットの社会のめまぐるしい変化、端末もどんどん変化していきます。
端末や成長に合わせてフィルターの設定をかけつつも、自分で危機回避能力をつけて
いくことはとても大切です。
いずれネット利用も親から自立する時がきます。
その準備は小さい頃からしておく必要があります。

特に小学生などは、最低限利用端末にフィルターはかけつつ、
親が必ずフィルターになるようなダブルフィルターで利用して欲しいのです。

先日の小学校ではゲームがやめられない場合の対処法も子どもたちが考えてくれました。
オンラインゲームに関するやめられない問題はさらに
「親に止めてもらう、パスワードをかけて利用できなくする」などの案が出て、「自力でやめることは難しい」といった声が聞かれました。

子どもから「フィルターで時間設定をする」という声も聞かれました。
フィルタリングというと有害サイトや不適切な書き込みなどが注目せれますが、時間や時間帯、曜日で設定する機能もあります。
時間を有効に使うための練習にも使うことができます。
ただ、いきなりフィルターをかけるのではなく、子どもとよく話し合いなぜ、フィルターを使うのか、一緒に考えて利用して欲しいと思います。

またLINEにも通知設定の中に「1時間停止」「午前8時まで停止」という機能があります。

高校生などは、自ら試験前には「通知をオフにする」など機能を利用しているようですが
小学生などには、生活習慣を教えながらそれらの機能を使って予防にも役立るようにしてみてはいかがでしょう。


 
COMMENT









Trackback URL
http://line.angels-eyes.com/trackback/175
TRACKBACK