インターネットの使い方、コントロールできていますか?
ネットに振り回されず、自分らしくネットを利用するための情報提供などをメインにしたエンジェルズアイズのブログです。
http://angels-eyes.com
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ネット依存』という言葉への反応 | main | ネット依存アドバイザー養成講座内容変更のお知らせ >>
第三回 ネット依存アドバイザー養成講座のお知らせ
第三回「ネット依存アドバイザー養成講座」のお知らせ

【日 時】 2013119日(土曜)18002030(受付1745〜 )
 
【第一部】 18:0018:50  
       講師/墨岡 孝先生 成城墨岡クリニック医院長
       
   【第二部】 19:0019:50  
       講師/堀川 裕介
       「時間から見たネット依存−アンケート調査からの一考察」
 
【質疑応答・連絡事項】20002030
墨岡 孝先生プロフィール
 成城墨岡クリニック医院長 http://www.sumiokaclinic.com/index.html
・精神保健指定医
・日本精神神経学会認定専門医
・日本精神神経学会専門医制度認定指導医
*東京都青少年問題協議会第29「青少年のインターネット・携帯電話への依存について」委員
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/09_seisyokyo.html
ネット依存が問題になる以前からテクノストレスなど、デジタルに関する治療に携わり、日本では『ネット依存』に関するパイオニア的存在。マスメディアにも多数ご出演なさっています。
著書
*「いやな気分」がスーッと晴れる本
* 10代の「心の病」はこうなおす
* テクノストレスからくる疲れをとる本
*「パソコン病」に負けないで  等
 
堀川祐介さん プロフィール
東京大学大学院学際情報学府 博士課程
2004年東京大学法学部卒業。民間企業などを経て、2012年東京大学大学院学際情報
学府修士課程修了、現在博士課程在学中。いわゆる「ネット依存」など、イン
ターネットの過剰利用や利用に伴う弊害について研究している。
 
‐堀川先生より‐
我が国でもネット依存の実態調査が進み、最近は厚労省調査班による「全国約52万人の中高生がネット依存」というショッキングな結果も報告されました。しかし現在の判定基基準は依存の心理的な面と実態的な面を区別せずに尋ねるので、個別にインタビューをしない限り両者の関係がよく分からないままとなっています。今回の報告では、所属する東大橋元研究室や私自身が行ったアンケート調査を基に、ネット依存の兆候として最も観察しやすい「時間」を切り口として、依存者の心理と実生活の関係を考えていきます。
 
************************************


【日 時】 2013119日(土曜)18002030(受付1745〜 )
【場 所】
場所は変更になることがあります。ご来場の際は必ずHPでご確認くださいませ。
東京都豊島区南大塚2-36-1 南大塚地域文化創造館
     http://www.toshima-mirai.jp/center/e_otsuka/
【受講費】2,000
【締め切り】112日(土)
※お申し込みは以下のメールフォームからお願いいたします。
https://lolipop-dp54056452.ssl-lolipop.jp/mail3/
2回目の受講の方は受講票をご持参ください。



 
COMMENT









Trackback URL
http://line.angels-eyes.com/trackback/150
TRACKBACK