インターネットの使い方、コントロールできていますか?
ネットに振り回されず、自分らしくネットを利用するための情報提供などをメインにしたエンジェルズアイズのブログです。
http://angels-eyes.com
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スマホはゲーム機? | main | ネット依存 あなたはインドア派?アウトドア派? >>
LINEによるイジメの問題

ppt

去年の夏休み前にある中学校でLINEの特徴と問題点について、講座をしました。全てのSNSに通じることではあるのですが、ことLINEについてはチャット機能が充実しているため、利用が一気に広がり、それと同時にトラブルも一気に広がりました。

昨年、既に問題が起こる前に講座で『LINE』について話すことには、使っていない生徒への配慮や子どもの理解度についても課題でした。ですが、校長先生が「トラブルになる前に、どのようなトラブルが起きるか、予測して教師も、生徒も、保護者も対応することが必要」という姿勢のもと、校長先生と一緒に講座をしました。
子どもたちは、スマホ・LINEというワードから、自分にとって身近な話題だ感じたようで熱心に話を聞く姿がみられました。
新しいデバイスやサービスを利用するときには、あらかじめ知識を得て「自分だったらどう使おう」と考えておくことは、トラブルに対して巻き込まれるのを防ぐのに大きな抑止効果があります。

今年、小中高の各学校から多い依頼はLINEのトラブルについての指導です。

背景を伺うと、子どもたちに起きているイジメがLINEグループ内で行われていること、そのことで不登校になる児童が増えていること。『既読無視』から起こる感情トラブルなどが多いとのことでした。
また他校との絡みにLINEが影響していること、そのために他校との喧嘩や恋愛にともなう事件が起きていることがあります。

下校後も行われるLINEのトークに、先生たちは介入することはできず、でも実際は生徒たちがトラブルに巻き込まれていることにとても悩んでいます。

家庭でも親子で話題にして欲しい問題ですが、対応が追い付かない家庭も多いようです。
保護者の知識が子どもに追い付いていないことと、大人と子供ではその利用方法が違うとういうことで気付かないというのが後手に回る理由です。

また依存との関係も強く、学習時間が減るなどの問題も出てきています。

あらためて、SNSやネットコミュニケーションと子どもの関係について、保護者・学校・地域で一緒に勉強し、考える機会を設け欲しいと思います。

COMMENT









Trackback URL
http://angels-eyes.jugem.jp/trackback/130
TRACKBACK