インターネットの使い方、コントロールできていますか?
ネットに振り回されず、自分らしくネットを利用するための情報提供などをメインにしたエンジェルズアイズのブログです。
http://angels-eyes.com
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017年01月26日のつぶやき
00:52
LINEのタイムライン利用のルールを配布しています。すでに知っていることでも改めて一読しておくといいですね。 https://t.co/zGLrOKDDXp
2017年01月12日のつぶやき
11:42
終生不変の情報 ピーススタイルのアップはキケン?! https://t.co/oLx1Oo2EK0 #jugem_blog
終生不変の情報 ピーススタイルのアップはキケン?!

終生不変の情報といわれる指紋、光彩、音声などの情報は生涯変わることのない個人情報です。

とはいえ、指紋を個人情報としてSNSなどに写真をアップすることを意識したことはあまりないのではないでしょうか。

SNSにアップされた写真をみると本人だけでなく、友達と一緒の写真、家族の写真など多くのシーンでピースポーズが見られます。

 

ネット以前から日本人は写真を撮るときピースで撮影するのも自然なのポーズでした。

ネット時代がきて、他人の指紋をコピーして悪用する犯罪がおこるなんて想像できなかった時代のことです。

 

最近のスマホは画素数が大きく写真加工ソフトなどを使えば撮影された画像から指紋を抽出することはだれでも可能です。

指紋を他人に知られコピーされることはどんな危険があるのでしょう。
一番身近なのはスマホのロックなどが指紋認証で利用されたりしていますね。
指紋をコピーされスマホのロックが解除されるのは怖いですね。

 

では指紋認証を使っていないから大丈夫かというと、そうでもないようです。
実は他人の指紋を使いなりすます犯罪も現れ心配されています。
特定の人を犯人に陥れたり、他人に成りすまし・・身分証を偽造したり。
人の心の闇や隙間がどんな事件を作り出すかわかりません。

 

先日TVのニュースでその危険性が報道され、私たちが危険から身を守る情報を知ると同時に、だれでも犯罪ができることも知ることになりました。模倣する犯罪がないことを願いながら自分たちも気を付けなければと思います。

 

憧れたスパイ映画の技術は今は一般の人が手にできる時代なのですね。
科学技術がさらに進歩すれば今後も光彩、音声などもネット上にアップされたデータから抽出し、コピーを作るソフトも配信される可能性も考えられます。

技術の進歩とともに個人情報を守る自衛手段を徹底すると同時に過去にアップしたものを時代に応じて見直し、編集する作業も必要です。

 

今後さらに生活のなかで、指紋、光彩、音声を利用することが当たり前となった時、過去に自分がアップした自分、家族、子供のデータをコピーされ、悪用されることのないように今後アップする際はあえて画素数を落とす、瞳や指紋がコピーされないように加工する、音声を変えてアップするなどのケアが必要ですね。

 

とはいってもその技術もいつかは破られるときがくることを思うとネットにアップすることは個人情報をいかに守るかということとの永遠の戦いなのでしょうね。

2017年01月7日のつぶやき
06:33
15日に浜松で「平成28年度有害環境から子供を守るための推進体制の構築(ネット対策地域支援)事業」安全安心なインターネット利用を考えるフォーラム?が開催されます。参加費は無料です。安心できるネット環境づくりにについて考えてみません… https://t.co/NrwqZzjB6m
2017年01月4日のつぶやき
07:35
新年おめでとうございます。最近の若い女性のお正月の楽しみは「寝る事」だそうです。日頃の疲労が垣間見えます。今朝のNHKあさイチは「睡眠大特集」です。主婦向けの番組ですが小中高校生も睡眠の大切さを今一度認識してみるいい機会かも・・スマホを布団に持ち込みついつい睡眠不足という人必見!
2016年12月5日のつぶやき
07:06
小学生のスマホ免許の特設サイトです。https://t.co/2kBrr6cDwK 講座ではおススメしていますが、親子でネットの利用についてよく考えたうえでネットの責任ある利用を約束する免許というシステムを上手に導入してみてはどうでしょう。初心者は親子同伴での利用が厳守ですね。
2016年11月28日のつぶやき
10:34
先日、行われた「第五回インターネット依存国際ワークショップ」ではネット依存の予防や治療について具体的な問題点が上がりました。治療には「脱ネット」か「節ネット」どちらで臨むのか、今後の課題になりそうです。どちらかに決めてしまうことが良いとも言えない状況に問題の深刻さを痛感します。
10:51
ネットに関する講座の際に「ネット利用時にルールを決めたのに・・」と、実際はルールが守られていないという話をよく聞きます。法律と違いルールは自分や家族のために本当に必要な内容だと「理解」しないと守りづらいものです。親子関係、生活環境整備などルール作りの「前準備」も実は大事なのです。
2016年11月15日のつぶやき
10:05
成蹊大学新聞 https://t.co/Z9CFk0ivra #jugem_blog
成蹊大学新聞の取材を受けました

先月成蹊大学の新聞会の学生さんにようる「ネット依存」に関する取材を受けました。

プレ社会人の大学生が自ら、ネット社会やネット依存の問題を多角的に調査、分析、考えるというのは今の社会に必要なことです。

これからの社会を築く彼らが拓く未来が明るく人にやさしい社会になることを楽しみに期待したいです。

 

後日その取材内容が記事になった新聞を送っていただいたので許可を得たうえで内容をほんの少しご紹介いたします。

 

今、現在大学生である彼らは2013年に中高生のネット依存が推定約52万人という報道がされたときに高校生だった世代です。

当時のネット依存の報道とは別に考えても、ネットの利用が日常的だったその世代の高校生が大学生になりどんなスマホの利用をしているのか関心があるところです。

 

誌面には9月27日〜10月4日に学内でアンケートを実施し、得た回答からの考察も掲載されています。

アンケートでは一日の利用時間は3時間以上が最も多く49%(小数点以下四捨五入)。30分未満の利用が2%。

 

・私としては30分未満の学生さんの利用内容や気持ちを伺いたいところです。必要に応じて利用するとそれでもことたりるのかどうか、3時間以上利用する学生の利用内容と、日常生活の違いもお聞きしたいところです。

 

スマホの主な使用目的(複数回答)はSNS(LINE・Twitterなど)が75%と最も多く次いでネット検索・閲覧が50%。

SNSについては男女に差があり、女性の方が多いという回答。

 

また授業中のスマホ使用については94%の学生が授業中に使用していると回答していました。板書撮影、検索、sns、ゲームなどに利用目的のようです。

 

その他の記事内容

・普及進むスマホ 社会と私たちの影響

・あなたは大丈夫? 知っておきたいスマホ依存

・就活に役立つスマホの使い方

・スマホが変えた インターネット広告の現在

・論説 授業中のスマホ使用 問われる学生のモラル

 

ネットの活用から問題まで取り上げた記事は興味ある内容盛りだくさんでした。

 

ふと思うのですが、スマホ利用以前の大学生と今の大学生、明らかな学力の差があるのかどうか。

スマホの学習時使用については「授業に役立つ・学力がアップする」という一方で「学力や集中力の低下」も問題になっています。学習への導入の仕方や本人の問題と言ってしまえばそれまでですが、学習でスマホを使用する前に「知ること学ぶこと・感じること」への興味関心を子どもに充分与えておきたいそんな思いを強く感じます。

 

 

・取材の中では、授業中のスマホ利用について、板書の撮影やゲームの使用もあるそうで、板書撮影についてはメモする必要が省け授業に集中できるなど、学生は自分なり考えによってその利用をしている様子がうかがえました。また教授によっては講義にツイッターを活用する先生もいらっしゃるようです。

 

大学生になるとスマホの利用は良くも悪くも、100%自己責任となることを思うと、高校時代までには(スマホを持たせる持たせないにかかわらず)親はわが子にネット・スマホの利用や責任についていつでも一人立ちできるように準備をしておかなくてはならないようです。

 

またスマホの代金についてですが、30代の息子さんの携帯ゲーム代を多額に支払っている親御さんもいらっしゃいますが、後からは提案しにくい代金や課金について、お子さんにスマホを購入する際に、「〇〇才からは代金を自分で支払う」ことを予め約束しておくといいですね。

 

 

 

 

 

 


 

2016年10月16日のつぶやき
15:09
NHKドキュメンタリー - ドキュメンタリーWAVE▽子どもたちのリアルを取り戻せ 韓国ネット依存治療最前線 https://t.co/lpY0c3ZkIM